まつげをきれいに見せるならパーマサロンへ

まつげは、目にものが入らないようにするために生えていますが、守るだけでなく、目元をきれいに見せる効果があります。
特にメイクをする場合は、他のパーツよりもアイメイクに時間をかける人が多く、まつげがあるだけでメイクをより魅力的に見せることができます。

まつげのメイクは、ビューラーを使って、マスカラを使うという人がほとんどです。
ビューラーをはさむのは面倒で、しかもまつげを傷めてしまう原因になります。
曲げる効果は持続せず、1日に何回も使うという人もいます。

そこで、まつげをきれいに見せるならパーマサロンへ行きましょう。
プロの手で、なりたいまつげにすることができます。
パーマサロンのメリットはなんといっても、上向きのきれいなまつげを持続できるという点です。
効果は個人差がありますが、1ヶ月から1ヶ月半ほど持続します。

まつげの状態も、根本からしっかりと上げる他、自然なカーブを描くようにするなど自分で選ぶことができます。
費用は1回につき3000~4000円が目安になります。
根本から曲がるまつげを維持するというのは、自分で行うのはとても難しいことですが、プロの手にかかれば簡単に行うことができます。

自分のまつげをロッドに巻いてカールさせるパーマなので、ビューラーを使わなくてもきれいな状態を維持でき、目元を触っても構いません。
化粧品の種類も選ばないというメリットがあります。
曲がるまつげを維持するというのは、自分ではなかなかできません。

パーマの効果が1カ月以上持続するので、費用の面でも安いと言えるでしょう。
ロッドの大きさにはいくつかの種類があり、カールの状態も自分の好みに選ぶことができます。
目元へのダメージが少なく、すっぴんに自信がついたという人も少なくありません。
魅力のあふれる目元になるので、一度やると、パーマサロンに通い続けてしまうというリピーターさんが多く、効果の高さが誰の目から見ても分かります。

まつげパーマのデメリットとは?

まつげパーマはメリットばかりが言われていますが、デメリットもあることを覚えておきましょう。
まず、自分のまつげを使うので、つけまつげのように本数を増やすことはできません。
目力を極端にアップさせることはできないので、違いを理解してから行う必要があります。

また、ロッドを変えることで、根本からしっかりカールをするなど希望のデザインを選ぶことができますが、限界があります。
元々まつげが短い人が、目尻を長くしてすっきりした目元にしたいと希望しても、伸ばす効果はないのでできません。

そして、パーマサロンに行かなければいけないというデメリットもあります。
毎月パーマサロンに出向くというのは、忙しい現代人にとって時間を作るのが大変という面があります。
前処置などを含めると、サロンにいる時間は1時間ほどかかります。
せっかくの休みがつぶれてしまうと感じる人もいるでしょう。

更に、目元というのは、とても皮膚が薄い部分です。
パーマ液が付くことで、かぶれや炎症を起こしてしまう場合があります。
特に皮膚が弱い人は注意が必要です。
中には、アレルギー反応が出てしまうこともあるので、アレルギー体質の人は気を付けましょう。

最近は、パーマサロンに行かなくても自分でできるセルフのまつげパーマのキットが販売されています。
サロンに行くよりも安く行えると人気ですが、本来この施術は美容師の資格を持っているひとしか行うことができません。
鏡を見ながら自分で行うというのは、思った以上に難しいことです。
パーマ液が目に入ったり、トラブルがあった場合は全て自己責任になるので注意しましょう。
左右が対象にならなかったり、思っていたのと違う仕上がりになることもあります。