まつげを痛めないビューラーの使い方

アイメイクでマスカラを綺麗に乗せる方法として朝メイクをする際にまつげをビューラーを利用してカールを持続させている女性は多いのですが、一般的なビューラーはゴムでまつげを挟み込み力を入れてカールさせているため、まつげにかなりの負荷がかかりやすくなりまつげが切れたり、抜けやすくなるなど様々なトラブルが起こりやすくなります。
そのため常にまつげをカールさせて綺麗な状態を保ちたいという場合には、一般的なビューラーを利用するよりも熱の力を利用してまつげを根本からカールさせる事ができるホットビューラーやエステサロンで受けるまつ毛パーマが人気になってきています。

まつ毛をカールさせる方法には通常のビューラーとホットビューラーの他にもまつげパーマの三種類がありますが、まつげパーマは専用の美容サロンを利用する必要があるので時間や経済面で余裕がある場合じゃないと利用が難しくなるため、大半はビューラーを利用してカールさせる女性が多いです。

ただ一般的なゴムで挟み込むタイプのビューラーは、新しい物だと反発力がしっかりしているゴムを使っているので少ない力で綺麗にカールさせることが出来るのですが、繰り返し挟んでいるとドンドンゴムが劣化して、亀裂が入ったり反発力が低下しやすくなってくるので、まつげに余分な負荷がかかってまつげが抜けてしまう原因となったり、ゴムの亀裂部分に毛が挟み込まれることによって切れてしまうなどのトラブルが起こりやすくなります。

そのため古いゴムが付いているビューラーを使い続けると、まつげにも良くないので定期的に新しい取り換え用のゴムを用意しておき交換することが重要になってきます。
また人によってはビューラーでカールをする前に、マスカラを塗ってしまうことでカールの持ちをアップさせることが出来るとイメージしている方は多いのですが、マスカラがビューラーのゴムに張り付くことで、毛が抜ける原因となる可能性があるためマスカラの前に使用することは避けることが大切です。

ホットビューラーがオススメ!無理なくケアできる

まつげの本数が減ってしまったという方や、ダメージを極力減らしたいと思っている方にとって負担を減らしてまつげカールを行う方法として人気になっているのが「ホットビューラー」です。
一般的なゴムで挟み込むタイプとは違って、少ない力でまつげを挟み熱で上向きにカールさせることが出来るのでダメージを最小限に抑えて綺麗な目元に仕上げることが出来ます。

市販されている通常のビューラーに比べてホットビューラーは高価ですが、充電をしておくことで持ち運びを簡単に行えるので旅行に持っていく場合もとても便利ですし、忙しい朝のメイクでも速攻でホットビューラーはあたたまるので時間をかけずにまつげをカールさせることが出来ます。
ただホットビューラーは電池の使用量が減りやすい特徴がありますので、使用後はかならず充電をしっかり行っておくと持ち運び先でも使用したい時に速攻でカールをすることが出来ますし、通常のビューラーよりもカールの持続時間が長くなるメリットがあります。
ただホットビューラーがまつげに負担を絶対かけないということはなく、繰り返し何度も利用するとダメージがかかってしまうので、出来るだけまつ毛美容液を併用することもおすすめします。

まつ毛美容液というとまつげを太く、長く成長させる為に使用する育毛美容液として利用する場合が大半なのですが、まつ毛美容液をまつげ全体にしっかりコーティングさせることでビューラーの負荷から守ってくれる保護効果もあるので、カールさせる際にかかる負荷から守りつつ、まつげにハリとコシを与えて健康な状態に仕上げてくれるメリットも得られます。

このようにまつ毛美容液とビューラーを上手く活用することで毛を痛めることなく綺麗な状態に仕上げることが可能になります。