ニキビの治療はアゼライク酸を使った美容法が良い

なかなか治らない頑固なニキビに悩んでいるなら、「アゼライク酸」という成分を配合したクリームを用いた美容法がおすすめです。
この成分はまだまだ国内では広がっていませんが、海外ではポピュラーなニキビ治療として用いられています。

ニキビは皮脂分泌が過剰な肌に起こりやすい肌トラブルです。
毛穴の中に住みついている常在菌「アクネ菌」が原因となります。
アクネ菌は皮脂をエサとしており、通常の量であれば悪さをする事はありません。
ですが、皮脂の分泌が多いとエサが溢れている状態となる為、毛穴の中でアクネ菌が増殖してしまいます。
すると、毛穴が炎症を起こすなどして結果、ニキビが出来てしまうという仕組みです。

アゼライク酸は皮脂分泌を抑える効果を持つ成分です。
皮脂の過剰分泌によってニキビが出来ていた場合に、高い効果が期待出来ます。
クリームを塗るだけの簡単な美容法なので、続けやすいという点も魅力です。
皮脂の分泌を抑制する以外にも、アクネ菌などの雑菌を殺菌する作用もあります。
また、ニキビが出来てしまった事によって、色素沈着を起こしてしまうケースもありますが、このような肌トラブルにもアゼライク酸配合のクリームを使った美容法は有効です。

アゼライク酸は色素を脱色する効果があると言われており、色素沈着の解消にも有効です。
効果の高い美容法は治療は、副作用が大きいというイメージもありますがアゼライク酸は、比較的副作用が小さいという点もポイントです。
アゼライク酸は元々、酵母や穀物に多く含まれる天然の成分です。
肌に塗ると一時的に熱を感じる事がある、ピリピリとした刺激を感じるケースもありますが、すぐに収まるので安心しましょう。

ニキビの治療クリームには日中に使うと紫外線の刺激を受け、色素沈着や肌トラブルを起こしてしまうものもありますが、アゼライク酸配合のクリームであればこのような心配もありません。
アゼライク酸配合のクリームは使いやすいと感じる方も多いでしょう。

ニキビを手でつぶしてはいけない理由とは

ニキビが出来てしまうと、ついつい手でつぶしてしまうという方も、多いのではないでしょうか。
実はニキビをつぶしてしまう事は、美肌から遠ざかってしまう1つの原因となります。
美容に気を付けていても消えにくい、跡が出来てしまいやすいので注意しましょう。

ニキビを手でつぶした場合、クレーターという跡が出来やすいと言われています。
クレーターは皮膚の表面がデコボコと、まるで月の表面のような状態になる事から、このように呼ばれている肌トラブルです。
なぜ、ニキビをつぶすとクレーターになりやすいのかというと、肌の奥深くにある層までにダメージを負わせてしまうからと考えられています。

皮膚の1番、浅い部分の表皮のみダメージを負った場合、クレーターになる程の刺激とはなりません。
ですが、手でつぶしてしまうと、表皮の下にある真皮層にまでダメージが加わってしまいます。
小さい頃に転んで怪我をしている部分が、大人になっても残っているという方も少なくないでしょう。
クレーターは、このような状態と同じことが起こっています。

真皮層という肌の奥深くが大きなダメージを負ってしまった事により、再生能力が低下し結果、潰した部分が月のクレーターのようにデコボコになってしまうという仕組みです。
クレーターはスキンケアなどの美容法で、改善する事が難しいと言われています。
出来てしまったら、治療を受けて改善するしかありません。

クレーターのように美容法だけでは治す事が難しいニキビ跡を作らない為にも、ニキビが出来てしまったらアゼライク酸で早めに対処する事がおすすめです。
早め早めの対処を行う事で、ニキビの治りを早めるだけでなく美肌へと近づく近道になります。