マスカラを使ってまつげが伸びる効果で美人力UP!

長くてボリュームのあるまつげは、目元の印象をはっきりさせ、明るく華やかにしてくれます。
毎日のメイクで使うマスカラをより効果的なものにすれば、自まつげがグンと伸びる上にボリュームもアップして、パッチリ美人に近づくことができます。

マスカラは様々な種類がありますので、なりたい目元や雰囲気に合わせて選ぶことが大切です。
とにかく長さを出し上品でエレガントに仕上げたい場合には、まつげをコーティングしてくれるフィルムタイプがおすすめです。
自まつげに美容液成分が密着し、手軽にまつげが長く伸びたような印象になれます。

ファイバータイプのマスカラを使えば、繊維の効果で太さを出し、大きくてキュートな目元を演出することができます。
皮脂や汗に強く落ちにくいウォータープルーフタイプや、まつげケアも同時にできる美容液や保湿成分配合のマスカラなども便利です。

まつげの根元からしっかり持ち上げるようにマスカラを付けることで、上向きでハリやコシのある健康的な長いまつげにすることができます。
長くてツヤのあるまつげは、目の存在感を増してくれるので美人度もアップします。
ただし、せっかくの長いまつげもダマになっていては台無しなので、まつげブラシやコームできちんと梳かすことが大切です。

自まつげが短くまばらで自信がない方でも、ナチュラルに長く仕上げることができるのがマスカラのメリットです。
まつげ美容液や有効成分が入ったマスカラを使い続けることで、徐々にまつげが伸びる効果も期待できます。
日中の乾燥やダメージからも守ってくれるので、メイクするほど美しくなれるのも嬉しいポイントです。

一塗りで根元からしっかり塗れる形状のブラシ付きのものや、塗りにくい目尻や下まつげも捉えて塗りやすいコームのマスカラを選べば、不器用さんでも失敗せず綺麗に仕上げることが可能です。
マスカラ1本で、誰でも簡単に長くて魅力的なまつげを手に入れることができます。

水や汗に強いマスカラは落ちにくいので注意

ウォータープルーフタイプマスカラは、夏場の汗や皮脂に強く、海にプール、温泉など水に濡れやすい場面でも落ちにくく、パンダ目にもなりにくいため安心です。
しかしその分、落としにくいというデメリットがあることも覚えておかなくてはなりません。
正しいオフ方法できちんと落としきらないと、まつげそのものや皮膚を傷めたり、メイクが残って後々ダメージにつながる恐れもあります。
長所は短所にもなり得るため、ご自分の使いやすさや使用目的など、機能性の優先順位を明確にしておくのもいいでしょう。

ウォータープルーフタイプは、落ちにくいからといって無理にゴシゴシとこすらず、専用のメイク落としやアイリムーバーで優しく落とすようにします。
自まつげにしっかり付着しているファイバータイプマスカラも同じです。
メイク落としとよく馴染ませてから、お湯で丁寧に優しく、マスカラ成分を引き離す感覚でそっと流します。

まつげを包み込むようにコーティングするフィルムタイプマスカラは、お湯で簡単にオフできるものもあるため、メイク落としの際の負担を減らすことができます。
いずれにしても、種類によって使用方法や落とし方が異なるため、きちんと確認して正しいやり方で行うことが重要です。

元々皮膚が薄く繊細な部位であり、毎日のメイクで更に負担になりやすい目元だからこそ、少しでもダメージを減らせるよう丁寧に、摩擦を減らしてメイクオフするように心がけましょう。
マスカラごとの特徴やポイントをきちんと理解できていれば、効果を十分に活かしきれなかったり、落とす際に困ったりする心配もありません。
正しい知識と使用方法で、長く伸びたステキなまつげを手軽に再現することができます。