メイククレンジングのオススメの方法とは?

メイククレンジング剤の種類は、洗浄力はテクスチャーも多種多様です。
基本となるのが、クレンジングクリーム・クレンジングミルク・クレンジングオイルの3種類となっています。
クレンジングクリームはこってりとしたクリーム状のメイククレンジング剤という特徴があります。
肌へのクッション性に優れており、洗浄力もマイルドです。

ミルククレンジングは乳液状のメイククレンジング剤でクリーム同様、洗浄力はマイルドなので乾燥肌・敏感肌の方でも安心して使用できます。
クレンジングオイルは文字通り、オイル状のテクスチャーが特徴です。
洗浄力がとても高く、マスカラなど落ち難いメイクも落とせるのが魅力です。

また、近年は手軽にメイクを落とせるクレンジングシートも人気です。
クレンジングシートはシートにクレンジング剤があらかじめ染み込まれており、拭き取るだけでメイクを落とせます。
メイクの濃さや乾燥肌・敏感肌といった肌質の相性によって、メイククレンジング剤を変えるのがおすすめです。

クリーム・ミルク・オイルといったメイククレンジング剤は、適当にメイクを落としても「何となくメイクの落ちが悪い」・「肌がつっぱる」などの不満を感じやすいので注意しましょう。
メイククレンジングでメイクを落とすオススメの方法が、クレンジング剤を「乳化させる」という事です。
乳化は肌の相性に関係なく、メイククレンジング剤を使った場合は、行いたい洗顔方法と言われています。

乳化はメイク成分やメイククレンジング剤に含まれる油分と、水分を馴染ませて白く濁らせる事を言います。
乳化をする事によって、擦らなくてもメイク成分を落としやすくなる・すすぎ時間を短縮できる・クレンジング剤の成分や、メイク成分が肌に残り難いといった効果を発揮します。
メイクをすっきり落とせるだけでなく、肌への負担を減らしたクレンジングを行うには、乳化が欠かせません。
クレンジング剤をすすぐ前に、乳化の一手間を加えるようにしましょう。

メイク落とし後の洗顔剤にも気を配ろう!

メイククレンジングで重要なのは、乳化を行うというだけではありません。
メイク落とし後の洗顔剤や、洗い方にも気を配る事が大切です。
洗顔剤もメイククレンジング剤に負けず劣らず、色々な商品が発売されています。
保湿成分が配合されており、しっとりと洗い上げてくれるものや、殺菌成分や美白成分を配合した洗顔剤など、様々な肌質や肌の悩みに合わせて洗顔剤を選べるようになっています。

メイククレンジング剤の中にはダブルクレンジングが不要という商品もあるものの、そうで無い場合は洗顔剤を使って洗顔するのが基本です。
自分の肌と相性の良い洗顔剤を選んだら、洗い方もチェックしてみましょう。
洗顔剤はたっぷりと泡立てるのが基本です。
クッション性の高い泡によって、摩擦の刺激を抑えます。
特に敏感肌・乾燥肌で悩んでいる方は、弾力性のある泡を作る事が大切です。

洗い方としては皮脂分泌が多い場所から、洗顔剤の泡を置いていく事をおすすめします。
乾燥しやすい頬などUゾーンから洗ってしまうと、洗浄成分によって肌に必要な油分や水分が奪われてしまう可能性が高まります。
乾燥を予防するためにも、おでこや鼻といった皮脂が多いTゾーンから、泡を置いて洗う事がおすすめです。

毛穴の中に詰まった汚れやメイク成分を落とそうとして、ゴシゴシ擦って洗顔してしまいがちですが、このような洗い方だと肌にダメージを与えてしまいます。
乾燥や赤み・湿疹といった肌トラブルに繋がるので注意しましょう。
洗顔剤の泡を肌の上に置いたらゴシゴシ擦らず、軽いタッチでマッサージするような感覚で洗います。
手の指をクルクルと円を描くように使う事で、毛穴汚れも落ちやすくなると言われています。